今日からもう、6月ですね。
5月は、わりと過ごしやすい穏やかな日々が多かった
様な気がします。

 今日も、湿度が低くて日差しもあり空もきれいです。

ただ、出勤途中のラジオで聞いたのですが
二酸化炭素の濃度が日本の3か所で初めて400に達した
ということで、ここ数年で2度ほど地球の温度があがってしまう
という事を話していました。


 co2


 

 

 

 

 

今日のような日は特に、この大事な地球の環境を
守っていかなくてはいけないと思います。


さて、お盆のイベントが来月ハートホール若葉で
行います。

6月26日(日曜日)10時から14時

 仏具・お盆用品など、感謝セール!!!

仏具の今季お勧め商品多数。
在庫一掃セール!!
(陶器仏具100円市・数珠ブレスレット大幅値下げなど)

☆終活個別相談も承ります

同時開催で、11時より 
~クラリネットの音楽と日本酒の話~

ご来場お待ちしております♪

0528%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%ab%b9%e5%80%89%e6%a7%98%e6%8b%85%e5%bd%93%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e9%80%9a%e4%bf%a1jpg

 

盂蘭盆会
7月13日から16日まで、もしくは8月13日から16日までの4日間、「盆棚づくり」をして先祖の霊をお迎えし供養する期間を「お盆」といい、その「お盆」の正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とはサンスクリット語で「逆さ吊り」という意味があります。
「盂蘭盆会(うらぼんえ)」は「ウラバンナ」を漢字を使い書き表したものになります。

由来はお釈迦様の教えで、「餓鬼道(がきどう)に落ちた母親を救いたい」という弟子の相談を受けたお釈迦様は「7月15日に多くの僧侶を招き、たくさんのお供え物で供養すれば救われる」と弟子に伝え、弟子はお釈迦様の教えの通りに供養し、母を救ったといいます。
このようなことから盂蘭盆会は「逆さ吊りにされた苦しみから救う供養」となりました。

お盆には先祖の霊がこの世に戻り生きているものたちと一緒に過ごすといわれており、8月13日には「迎え火」をたき先祖の霊を迎え、お盆の間は僧侶に読経をしてもらい、ろうそくや線香をたき、墓参りや飲食のお供えをして供養し、16日の夕方には送り火をたき、先祖の霊をあの世に送り出すようになっています。

logo_b