カテゴリー「 よく聞かれるシリーズ 」の記事

10件の投稿

 妻は右?左?  お位牌の位置

今日は、鶴ヶ島市はとてものどかで 春を感じられる陽気でしたね。

ご近所の方が葬儀相談に見えました。ハートホール若葉でのお葬儀に参列したことがあって
その時に、想いでのコーナーの写真や品物の数々、
それから私のピアノの演奏に興味を持って下さり、天気もいい事だからということで
寄ってくださいました。

その時に、お仏壇でお位牌の夫婦の置き方を聞かれまして・・・
恥ずかしながらお答えできませんでした。

お位牌は 夫が右側 妻は左側

中央はご本尊なので、お位牌が1つのときは 右側に置きます。

ご夫婦で一緒に出掛ける時、歩くときなどはどうでしょうか?
この位置によって、夫婦の力関係がわかる?なんてこともあるかもしりませんね。
その場合でも、男性が右側の事が多いようですね。それから、基本的にご先祖様(亡くなった順番)
から、右で新しい仏様が左に置きます。

お雛様の場合

「論語に『天子南面』という言葉があります。これは、皇帝などの偉人は南に向いて座り、北面は臣従することを意味しています。また、南に向いたときに日の出の方角(東。つまり左手側)が上座で、日没の方向(西。つまり右手側)が下座とされています。
この考え方は雛人形にも当てはまり、本来は『男雛が左、その右手側に女雛』を飾ることが当然でした」

http://news.ameba.jp/20120302-687/

飯能市のお雛様の祭りの様子です(弊社の専務撮影)

 

天皇陛下の場合

ご皇室のお二人の写真を見ると、向かって天皇陛下が左、皇后陛下が右のお写真が多いですね。

 

まとめ

お位牌は、字なので 字は右から書くので右が夫 左が妻
と覚えておくといいかもしれません。

エアロビクスで先生がこちら向きで踊ると踊れなくなってしまう私のような人には
この覚え方がおすすめです^^;

 

家族葬のことなら・・・ 三愛メモリアルへ

 

 

 

 

お葬儀のプラン「役所手続代行って?」

お葬儀は、葬儀社1社だけで葬儀はできません。まず、ご遺族様、宗教者、火葬場、式場、
ここは日にちを決めるうえで、それぞれの日程があわなくてはいけません。

たとえば、火葬場を先に予約して そのあと式場に連絡してもその日が満杯である場合もあります。
お寺の住職様の日程が合わないこともあります。これを、一致させることが葬儀社の担当の
大事な仕事になります。

「役所手続代行」・・・死亡診断書、死亡届、火葬許可書、埋葬許可書など沢山の書類がしかるべき時に、然るべく所で
必要になってきます。死亡診断書は死亡保険など保険金請求時にも必要になり、うっかりコピーを取り忘れた場合
再請求ができない書類のため、お金が下りないなどのトラブルも発生しやすくなります。

役所手続は役所に行くだけではなく、そのもらってきた書類をどう利用するか、
保存するか、など葬儀のプロでなくてはなかなか難しいところもあります。

ここのところはできるから、自分で・・・と思われるかもしれませんが、
どんな仕事でもそうですが、手続と書類の必要な時と場所を知っている担当に
お任せいただいたほうがよいかと思います。

葬儀の費用が心配。。。少しでも安く。。。と思われる場合は
あらかじめ、見積りをとっておくと安心ですね。
信頼できる葬儀社を前もって探して下さいね。

私達、葬儀のプロにお任せください!!

当社HPのQ&Aより

質問 葬儀の日程はどの様に決めるのですか?
回答 葬儀には様々な関係先が影響して参ります。
まずは火葬場の予約、式場の予約、宗教者(寺院など)の都合と調整が一般的な対象です。
あるいは「友引」にあたる日は多くの火葬場がお休みですので、必然的に葬儀を行うことが出来ません。(従って希望する日が「友引」にあたりますと、一日先にずれます。)また、予約調整ばかりでなく、会社関係等を含めての関係先への充分な連絡、遠方からお越し頂く親戚の方々と様々な配慮が必要となります。
私ども、葬儀担当者は一つずつ、適切なアドバイスをさせて頂き、無理のない理想の日程調整を心がけております。

 

家族葬 音楽葬 お別れ会など お葬儀のことなら

 

お客様の声を大事に・・・

今年も、沢山の方のお見送りのお手伝いをさせていただきました。

おひとり、おひとりを大事に 「三愛さんでやって本当によかった」と言っていただけるように社員一同頑張ってまいりました。

葬儀にかかわるスタッフとして

1、担当のコーディネーター

2、補佐 (件 司会)

3、葬儀スタッフ(通夜、告別式のお手伝い)

4、私(ハートホール若葉での葬儀)は、生演奏担当

そのほか、お料理の仕出しやさんや、お花やさん、そして

忘れてならないのが、宗教家さんです。

先日は、家族で旅行の趣味だった方のお葬儀をお手伝い致しました。担当のコーディネーターの提案で 旅行のときの思い出のお写真などを 沢山ホールに「思い出のコーナー」として展示しました。沢山のご親戚、友人が参列され皆様がその写真や思い出の品々を見ながら思い出話に浸っておられました。喪主様が、「本当にやってよかった・・」とつぶやいておられました。

私も、故人様が生前大好きだった音楽を沢山演奏しました。

 

いくらかかるのか、心配・・・

お葬式の料金は、わかりずらいのが難点です。

最近、安さと解りやすさでご案内しているサイトも多いと思いますが、流動性のある以下の点に注意です。

1、宗教家へのお礼 (お布施、戒名など)

2.お料理代金 (参列者の数によって変わってきます)

3、返礼品 (これも、参列者の数により変わります)

葬儀支援ネットというサイトで、流動性のある上の3つを除く純粋に葬儀代金のみの平均が、
126万ほどになっています。三愛メモリアルで一番多いプランですと、お得な会員価格でなくとも
その半額でのお葬儀が可能です。

さらに三愛メモリアルは自社プランなので このプランだけど、「白い骨壺はいやなので骨壺だけ
自分で好きなものを選びたい」「液晶モニター遺影を使いたい」などで相談に乗ることができます。
ハートホール若葉でのご葬儀の場合はサービスで得点もございますので結果、お得なプランになり
ますので是非、ご相談ください。見積り、無料相談は随時承っております。

 

一番多いパターンが、何も見積りをとっていなくて病院の紹介で決めてしまって4人参列の葬儀で
200万かかった。三愛さんにたのめばよかった。。。と、本店に来るお客様からよく言われます。
どうぞ、前もってお見積りをとってみてくださいね。若葉駅のハートホール若葉か、関越病院前の
三愛メモリアル本店、東京の清瀬店にお気軽にご連絡ください。

 

今日は、だいぶ寒さが身に応えます。夜はゆっくりお風呂に入って 体をリラックスさせて新年を
お迎えください。今年、お手伝いさせていただきましたご家族様も、大事な方をお見送りされて
師走の忙しさも重なり疲れも出やすいかと思いますが、無理をせずお過ごしくださいね。

 

今日はだいぶ温かいですね。朝は霧がすごかったです。11月に雪も降りましたし、

地球温暖化で気候も例年とは同じではないようですね。重ね着で調節をして風邪予防を

していってくださいね。

さて、お葬儀に参列した場合 宗教宗派が違うので

仏教の場合も 宗派によって作法が違います。

大体、葬儀会社の担当が喪主様と作法については確認し合います。

そして、一番初めに喪主様からのご焼香になるので

参列者はそれに倣うのが一般的ですね。

先日、高野山に行ったときには ほとんどの方がヨーロッパから来ていて

作法の説明も見本もなかったので 全員めちゃくちゃなお焼香でした。

 

 

私の家は、浄土真宗大谷派なのですが

先日、東本願寺に納骨してあるのでお墓詣りに行きました。お経をあげていただくのですが、

そのつど大谷派の作法について丁寧に説明を受けます。(たぶん、毎年忘れちゃう人が多いのかもしれません)

その時に教わった大谷派の作法は

①座った時に、手を合わせず まず左手を机の上に添えます。

②2回、お焼香をします。そのときに、額にもっていくなどはせずに

自然な流れで香炉に持っていくだけです。

③最後に手を合わせます。数珠は両手がはいるように持ちます。

 

葬儀の参列の時は、仏教の場合宗派についてわからないことが多いので

お焼香をしている前の人に倣うことが多いですね。

 

header-logo

 

 

 

三愛メモリアル、仏壇プラザです。
(時々、このブログを見ると 葬儀・仏壇・仏具の会社とは思えませんよね?)

今日は、お仏壇のお線香の事についてつらづらと・・・


香炉(お線香を立てる入れ物)の中に
灰が入っています。

この中に入ってる灰ですが、仏壇プラザに常備して
ある灰は、

わら灰とふじ灰の2種類です。

これがわら灰
img_1304

本物ってわざわざ書いてありますね^^;偽物が
あるのでしょうか?

わら灰は、わらを燃やして作ったものです。
裏書に、☆灰と灰の間に空気があるので、通気性があり
最期まで燃えます。

☆本物のわらを燃やして作っており、まざりものはありません。
☆用途/焼香用・火鉢・茶道・寺院香炉用

とあります。わら灰は一般的に使われている感じですね。


では、ふじ灰はどうでしょうか。

ふじ灰はこれ。

img_1306


藤の木を燃やして作った灰で、真っ白でふわふわしています。

化粧灰とも言います。
お値段も、わら灰より割高です。


どちらを選ぶかは、お好みですが、
宗教によって選ぶこともあるようです。

特に、お線香を横に寝かせる宗派はふじ灰を使う事が多いです。

浄土真宗(西・東) 学会 日蓮正宗 等。

ふじ灰も、お線香の残りがなく いつまでもストレスなく
お線香を立てることができるそうです。

最近は、小さな香炉も流行りなので
ふじ灰を使ってみてもいいですね。

logo_b

今日は風が強いですね。
空気も乾燥しているのと、インフルエンザも流行っている
そうなので、うがい手洗いは欠かせません。

雲切をご存じですか?


お仏壇や神棚の上にお部屋がある場合、
神様や仏様の上を踏んづけるのは
はばかられるということで、雲という文字を
お仏壇の上に貼り、これより上はないという
印をつけるという意味を持たせます。

気になられる方は、紙に雲と書いてたり、
仏壇プラザでも、木製の雲切がありますので
相談してください。
















秋が深まり、気温が低くなってまいりました。
体調の管理が大変な時期ですね・・・

かくいう私も、ただ今不調です。
(前日のお休み中にピアノを7時間くらい
練習してしまったからかも・・)

皆様も、体調には十分気を付けてくださいね。

ハートホール若葉では、いつもピアノで
お葬儀のお手伝いをしていますが、そうでない
日は関越病院前の三愛メモリアルの本店に
います。

 仏壇やお線香をお求めにいらっしゃる方と
時々、いろんなお話しをします。

 今日は、お線香をお買い求めくださった方と
お線香の種類について。

 先日は、「過去帳」について。

恥ずかしながら、過去帳について詳しくしらなかぅったのですが、

過去帳は、こういうものです。









 浄土真宗はお仏壇に位牌を置かず、代わりに
過去帳を使います。(それ以外は、位牌とは別に作ります)
 故人の命日、戒名、享年などを書いて代々
引き継いでいく大切なものです。

見台という、置き台を利用することが多いです。

きちんと記すことによって、ご先祖を大事に
思う心が家族みんなで共有する事が出来て、
素敵ですね。













前回の続きです。

実際にあった葬儀トラブルという題で
放送されたテレビのクイズ形式の問題です。


父が癌で長いこと闘病生活をしていて
ずっと入院していました。
抗がん剤治療や、手術など医療費もバカになりません。
お子さんに、お父さんが
「自分の治療代やらなにやらで、もう
沢山お金を使ってしまっただろう?
自分の葬式はお金をかけなくていいからな」

という父親の遺言のとおり、お子さんが
火葬のみのお葬儀を選びました。

さて、直葬を選んだことで起こったトラブルとは
次のうちどれでしょう?


A:直葬をしたことに親族が「ありえない」と怒ってきた
B:直葬をしたことで、父のお墓にあるお寺の住職が
  怒ってきた
C:ネットで選んだ葬儀社に葬儀代を持ち逃げられた



   さて、、、、、、

どれでしょう?わかりましたか?


私は、即、わかりました^^




答えは・・・・・・・


Bのお墓のあるお寺の住職が怒ってきた でした!


これは、お墓のトラブルと直結する話ですね。
以前にも、私の叔父のお墓のトラブルで
3回も墓石を作りなおした例をブログに書いたのですが
だいたい、それと同じような話です。

お寺の檀家さんというのは、住職さんにとっては
家族そのものなのですね。
お墓に入るときには、必ずご連絡しなくては
いけません。

これや、宗教上の決まりなどにも関係していきます。

この場合、葬儀社が喪主様に
宗教と檀家の確認、お墓の確認を取らなかった
ことも一因しています。

 また、私たちが一般的に、あまりにも
お墓についての知識がないということも
原因ですね。これは、だれも教えてくれないからです。
私も、このお仕事を始めてから、知ったことが
本当に多いです。


さて、直葬とは、お寺様を呼ばないケースがほとんどです。
問題は、お寺様に連絡しないまま直送を
行った場合です。

最近は、親が熱心に先祖代々お世話になっている
お寺などに、足を運んでいても、
子供世代に受け継がれていないことが多くなって
きました。普段から、こうした話を家族でするというのは
とても大切ですね。

葬儀をしない場合でも、かならずお寺様に直葬を考えている
事を、伝えておくことが重要になります。


最悪の場合、もう一度葬儀を執り行うか、
お墓を出ていかなくてはならない、なんてことにも
なりかねませんので、かならず
筋は通す・・・
ということを忘れずに、葬儀を考えていきましょう。




 

 9月最後の日曜日ですね。あと、2日で今月も終わりです。
あっという間に秋の風が吹いて、私も体がついていかない
様な気がします。肩こり、頭痛がつらいです。
皆様も、くれぐれも体調ご自愛くださいね。

  さて、昨日ご存じかと思いますが、御嶽山が噴火しましたね。
意識不明の方も数人いらっしゃられるようですし、行方不明の
方もいらっしゃるようですね。

 私は、昨日たまたま仕事が休みで家でツイッターを見ていた
ときに、山頂で「山頂ナウ」みたいに写真を撮られている方の
ツイートを見ていました。その後、噴火して、
かなり心配してしまいました。テレビを付けてもその時はまだ
噴火のニュースがなくて、どうしたことかと思っていました。


その方の動画がYOUTUBEでアップされていました。


こういうニュースを聞くと、日本は火山列島であり、
春夏秋冬、春に種を植えると秋には実がなり、
川とともに、水源が豊富であり、海の幸、山の幸も多く、
地球上で大変恵まれた地であると同時に
生きた大地に住んでいるということを、忘れずに
感謝と恐れを感じながら生きていかなくてはいけないと
思わされますね。

 登山された方が無事に下山することと、
今回の噴火が落ち着くことを願うばかりです。

さて、先日テレビで「実際にあった葬儀と相続トラブル」
というのを放送していました。
 もちろん、全問正解してしまいました^^

色々と思うところがありましたので、
ここで付け加えさせていただこうかと思います。

<実際にあった葬儀トラブル>

トラブルというと、やっぱり葬儀やさんは悪徳で・・

というイメージがこの番組によってつけられてしまった
感があるのですが、やはりこうした問題が起こるというのは、
実際に大切な方がお亡くなりになられ、
心に余裕がないときに、難しい見積もりを見ても
判断が難しいということなんだろうと思います。

これは、葬儀社の担当が、御葬家様の心のご負担を
なるべく減らしつつ、なおかつ、誤解のないように
説明できるか、にかかっているのと、

終活が今、流行っているとも放送していましたが、
事前相談がいかに、大切か
何もないときに、個人個人が情報収取をしていくことに
かかっていると思います。

是非、縁があってこのブログを読んで下さった方も
お近くの葬儀社に事前相談や見学に
行ってみてくださいね。

見学会なども、催されているときは
是非、いらしてください。

本題に入りますが、こういう問題でした。


病院から紹介された葬儀社に
見積もりを貰った
そこで起こったトラブルとは?

A:病院に葬儀社の紹介料を請求された

B:参列者が50人しか来なかったので違約金を請求された

C:葬儀社に見積もりの倍近い金額を請求された



              さあ、どれでしょう?


                 正解は・・・・・・











      Cの 倍近い金額を
      請求された!でした。

      さて、どうしてこういう
      事がおこったのでしょうか。

      お葬儀で、予測できない見積もり、というのがあります。
      それは、一般葬の場合の 参列者様の数です。

      仮に、参列者が10人と予測したのに、実際に来た人数が100人だった場合、

      返礼品と、お清め(お食事)が、単純に考えても
      10倍かかってしまうということになります。


      ですから、仮に、100名でお見積りをして10人しか来なかった場合、返礼品が90人返品になりますから、
      見積もりより少ない金額になりますね。
      ですので、葬儀トラブルというよりも、
      結局は、「何人、くるかわからない」という
      事なんだと思います。


      他社との比較の時に、予測できない見積もりが
      入っているか、入っていないか、そしてその
      人数によって、まったく見積もりが違ってきてしまい
      比較ができなくなってしまいます。
      同じ条件でいくらになるかを
      他社見積もり時に比較して検討してくださいね。


      また、生前お世話になった方に失礼のないような
      お葬儀を上げるために、十分に
      ライフプランを元気な時から立てておくことが
      重要です。その際も、終活アドバイザーか
      ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談
      もしくは、インターネットで色々調べて
      見てくださいね。


      不明な点があれば、
      葬儀社に電話したり、出向いたりして
      聞いてみてくださいね!




      葬儀業界に関わってかれこれ、1年半。


      まだまだ知らない事が多すぎです。
      父の葬儀は経験したものの、考えてみると
      殆どが担当さんへお任せして、自分では何をしたか、
      考えたかを覚えていませんでした。
      (奏楽担当の私以外のスタッフは答えられますので
      そこらへんはご安心ください!)

      今日のよく聞かれるシリーズ

      「葬儀をした後、初詣は行かない方がいいと思うけども
      いつも送って下さる家の神様のお札なんかは
      頂いてもいいのかしら・・」


      という、ご質問をお受けしました・・・・・・・

      なんとなく、家の神様なのでいつもお祈りするから
      頂いてもいいと思いましたが・・

      そこで、いつものようにインターネットで調べてみました。

      「葬儀後 初詣 お札」で検索してみました。

      すると、、、、

      お札を頂いても差支えございません。

      という事でした。

      初詣は、どうしてもお祭り気分ですので、それは
      控えた方がいいかもしれませんね。

      屋台とかがでていますし・・・


      神社とお寺

      によると、
      【喪中に詣でてもよいか】
      ○忌明けならお札を受けに行くのはOK
      ×喪中でも初詣ではしてよい
       「喪中(家族が亡くなって1年以内)の場合は、鏡餅や門松などの正月飾りはせず、おせち料理も作りません」。したがって初詣には行かない。ただし、神社が授与するお札は毎年新しくすべきもの。忌明け(地域にもよるが神道で五十日祭、仏教で四十九日の法要以降)なら前年のお札を納め、新しいお札を受けに行ってもよい。忌中に年末年始を迎える場合は、忌明け後にお札を受けに行く。
       このページはとても勉強になりますね。
      神社とお寺の参拝方法も写真付きでよくわかりました。
      神社とお寺の違い・・・
      初詣の上位10社です。
      明治神宮(東京都) 305万人 
      成田山新勝寺 (千葉県)275万人 
      川崎大師(神奈川県) 272万人 
      伏見稲荷大社(京都府) 269万人 
      熱田神宮(愛知県) 232万人 
      住吉大社(大阪府) 226万人 
      浅草寺(東京都) 220万人 
      鶴岡八幡宮(神奈川県) 213万人 
      太宰府天満宮(福岡県) 193万人 
      氷川神社 (埼玉県)187万人
      このうちの、成田山新勝寺、川崎大師、浅草寺の三つがお寺です。

      ここで柏手を打たないように気をつけないといけませんね。

      というサイトを見つけましたので、ご紹介いたします。


      PAGE TOP