カテゴリー「 答えられなかったシリーズ 」の記事

4件の投稿

 妻は右?左?  お位牌の位置

今日は、鶴ヶ島市はとてものどかで 春を感じられる陽気でしたね。

ご近所の方が葬儀相談に見えました。ハートホール若葉でのお葬儀に参列したことがあって
その時に、想いでのコーナーの写真や品物の数々、
それから私のピアノの演奏に興味を持って下さり、天気もいい事だからということで
寄ってくださいました。

その時に、お仏壇でお位牌の夫婦の置き方を聞かれまして・・・
恥ずかしながらお答えできませんでした。

お位牌は 夫が右側 妻は左側

中央はご本尊なので、お位牌が1つのときは 右側に置きます。

ご夫婦で一緒に出掛ける時、歩くときなどはどうでしょうか?
この位置によって、夫婦の力関係がわかる?なんてこともあるかもしりませんね。
その場合でも、男性が右側の事が多いようですね。それから、基本的にご先祖様(亡くなった順番)
から、右で新しい仏様が左に置きます。

お雛様の場合

「論語に『天子南面』という言葉があります。これは、皇帝などの偉人は南に向いて座り、北面は臣従することを意味しています。また、南に向いたときに日の出の方角(東。つまり左手側)が上座で、日没の方向(西。つまり右手側)が下座とされています。
この考え方は雛人形にも当てはまり、本来は『男雛が左、その右手側に女雛』を飾ることが当然でした」

http://news.ameba.jp/20120302-687/

飯能市のお雛様の祭りの様子です(弊社の専務撮影)

 

天皇陛下の場合

ご皇室のお二人の写真を見ると、向かって天皇陛下が左、皇后陛下が右のお写真が多いですね。

 

まとめ

お位牌は、字なので 字は右から書くので右が夫 左が妻
と覚えておくといいかもしれません。

エアロビクスで先生がこちら向きで踊ると踊れなくなってしまう私のような人には
この覚え方がおすすめです^^;

 

家族葬のことなら・・・ 三愛メモリアルへ

 

 

 

 

秋が深まり、気温が低くなってまいりました。
体調の管理が大変な時期ですね・・・

かくいう私も、ただ今不調です。
(前日のお休み中にピアノを7時間くらい
練習してしまったからかも・・)

皆様も、体調には十分気を付けてくださいね。

ハートホール若葉では、いつもピアノで
お葬儀のお手伝いをしていますが、そうでない
日は関越病院前の三愛メモリアルの本店に
います。

 仏壇やお線香をお求めにいらっしゃる方と
時々、いろんなお話しをします。

 今日は、お線香をお買い求めくださった方と
お線香の種類について。

 先日は、「過去帳」について。

恥ずかしながら、過去帳について詳しくしらなかぅったのですが、

過去帳は、こういうものです。









 浄土真宗はお仏壇に位牌を置かず、代わりに
過去帳を使います。(それ以外は、位牌とは別に作ります)
 故人の命日、戒名、享年などを書いて代々
引き継いでいく大切なものです。

見台という、置き台を利用することが多いです。

きちんと記すことによって、ご先祖を大事に
思う心が家族みんなで共有する事が出来て、
素敵ですね。













80歳三浦さん最高齢登頂=エベレスト


素晴らしいですね!80歳での登頂は史上最高齢。だそうで
三浦さんのお父様も同じように冒険家で101歳で
お亡くなりになっていますが、とても長寿だったんですね。

生涯現役。最期まで挑戦の人生だったのでしょう。


今回のニュースはすべての人に
元気を与えてくれましたね。

さて、納骨するときに必要な書類があるのを
ご存じですか?


葬儀見習いの私はピンとこなかったのですが、
そういえば父の葬儀のときにも、
「アレがない!どうしたっけ??」と
なんだか騒いだ気がします。


アレとは

「埋葬許可証」

のことです。
「火葬許可証」を火葬場に提出すると、

火葬が終わった時点で

終了した日時を記入して返してくれます。

これが「埋葬許可証」になり、納骨時に寺院、

墓地の管理事務所に提出します。

「埋葬許可証」は5年間の保存義務があります。


これは、どこにあったっけ!!??
と、半年後くらいにお墓が完成して、いよいよ納骨というときに
すっかり忘れていました。

実は

「骨壷」の箱の中に失くさないように
入っているのですね。
そういえば、収骨の後に係の方が
とっても大切なもので、失くしてはいけないので
骨壷の箱の中に一緒に入れておきますね。
と、言ってくれてた気がします(が、数か月経つと忘れてしまいます・・・)

ここで1句

どこだっけ 大事にしまった 骨壷(箱)か 



昨日は建国記念日でした。
あまり、祝日に関して意識してなかったのですが
インターネットで調べてみたら表参道では
こんなお祭りがあったようです。
来年は表参道に出かけてみたいです。
これは明治神宮のお祭りで
このブログがとても素晴らしかったのでご紹介。
おしゃれな街、原宿 表参道もこんな熱いお祭りが
あったのですね。全然知りませんでした。
埼玉県の建国記念祭は、検索してみましたら
日本会議さんの建国記念祭しかないようで、
お祭りという感じではないようですね。
また、祝日はなんの日か今後も
調べて行ってみたいと思います。
次は、3月20日の春分の日ですが
お祭りは何かあるのか調べてみましたら、
伊勢神宮でこういうお祭りがあるみたいですね。
さすがに遠くて行けませんが^^;
今、告別式に出発前のスタッフが事務所で
木魚について話していたので興味深かったです。
私は、この業界のお仕事をさせてもらって1年経ちましたが
まだまだ、葬儀関係の専門用語や詳しい事を知りません。
こういう会話がとても参考になります。
「木魚って、どういう意味があるか知ってる?」                          

という弊社の葬儀アドバイザーの会話からはじまりました。
私はポカーン(字も思いつかなかったのですが)
弊社の女性司会スタッフは流石です。
「木の魚。。。。。」
木魚って、魚の形だったんですね。(ごめんなさい、魚にみえませんでした@@;)

木魚は、読経をするときに打ち鳴らすことで、リズムを整える。また、眠気覚ましの意味もあり、木魚が魚を模しているのは、眠るときも目を閉じない魚がかつて眠らないものだと信じられていたことに由来する。

つまり、目を開けて眠らず修行するという意味合いがあるそうです。
叩いたときのその音は魚が口を「ぽくぽく」させるイメージ
だそうですね。
さて、この木魚、どんな方がつくっていらっしゃるのかと
検索してみました
驚いたことに、現在木魚を作れる職人さんは、
名古屋にしかおらず、しかもわずかに7軒10名
だそうです。。。

これは、是非各地に増えていってほしいですね。

佐屋の木魚(さやのもくぎょ)

木魚の久洋

PAGE TOP