病院から遺族のご家族からのお電話をいただく時

仕事柄、今は病院から電話を受けることが多いですが、私の父が亡くなった時は
まだ 葬儀の仕事をしていない時だったので不安ながらも私が葬儀社に電話しました。

父が亡くなる前に、もうあと何日。。。と宣告されていたので
弟の知り合いの葬儀社、ということだけで決めてしまいました。
病院で、葬儀社を紹介されたのは覚えていません。おそらく、「葬儀社は決まっていますか?

搬送する人は決まっていますか?」と病院で聞かれて、電話をしたのかもしれません。(本当に覚えてないんですよね。かなり混乱していたのかと
思います。)

空室があっても、早くに霊安室に移動しました。エレベーターで専用の通路に
向って霊安室に行き、電話をしたと思います。(本当に覚えてないんです!!)

かなり、私は混乱していたんですね。あらかじめ、葬儀社を決めていたのに
すっぽりその時の記憶がありません。家族が亡くなるというのは 余裕が全然なくなってしまうのですね。時間の感覚さえ無くなってしまう。

そんな時に、決めてなかった場合に病院の紹介で葬儀社を決めてしまうケースが多いと思います。その場合、私たちに選択肢がなくなります。余裕がない場合、何をプランで選んだかも意識できないかもしれません。

葬儀社は前もって目星をつけておきましょう!

葬儀社に電話するときには、

  • 亡くなった方のお名前。貴方のお名前。
    連絡のつく電話番号
  • お迎えに行く場所(亡くなった方のいる場所)

は最低限いる情報です。あとは、病院なら何時までに、と言われることも
ありますので、お迎えに行く時間ですね。

後は、心を落ち着けて ゆっくりと葬儀コーディネーターとお話し下さい。
葬儀が終わった後も、雑務が多いです。亡くなった方とのお別れは、
葬儀中にゆっくりできます。限られた時間ですが、葬儀の場は違う時間の流れの
あるような そんな場を提供できればと思います。

 

うなぎの寝床さんからのお借り物です

頑張っている日本の職人さん

仏壇プラザでは、主に老舗の日本香堂さんなどのお線香が沢山あります。

一番好きなのは、宇野千代というとっても香りのいいお線香です。

ぜひ、香りを嗅ぎに来てくださいね!サンプルもお渡しできますので。

 

そんなわけで、お線香にもっぱら興味のある昨今で

最近、手作りで、しかも夫婦2人で頑張っている馬場さんのことを知りました。
馬場さん夫婦は材料の杉の木を集めて、それを自分で水車のうす?みたいなもので曳いてさらについて、
細かくして蒸して干して手で成形してという、、全過程手作りのすごい方でした。

この地域は、沢山の手作り線香の作業所が昔は沢山あったのですが、グローバル化で安い材料が沢山外国から
}入ってくるようになって馬場さんのところ以外、全部仕事を辞めたそうです。馬場さん夫婦だけは
「この仕事を失いたくない。」と2人で頑張ったそうです。先の台風で全部水浸しになってもう先が見えないというときに、
その昔の同業者の人たちなどが沢山手伝ってくれて、作業所が復活して仕事ができるようになったとのこと・・・

本当に素晴らしいですね!ひと箱500円くらいだそうです。

とても大変な作業なのに・・・一度伺ってみたい・・・と思わせるほどでした。

 

新年のご挨拶

ブログも今年初めてが今日になってしまいました。

年を追うごとに 時が過ぎるのが早くて本当に驚きます。

やりたいことが沢山あるのにできない・・・

このブログでもいろんな記事をシリーズ化しよう思っているのに

なかなか思うように行きません。そういえば、私が書こうとしたシリーズ化の記事で、

「お葬儀であるあるシリーズ」

「聞かれたけど答えられなかったシリーズ」

あと、京都旅行編(魔界ツアー)

ずいぶん前に止まってしまった「グリーフケア」について。

ファイナンシャルプランナーの立場からの記事、

お客様の声や、きれいな祭壇の写真。

食いしん坊万歳

思い出の音楽

などです。今年はもっとブログを充実させることができればいいなと思います。

それから、三愛メモリアルのホームページと仏壇プラザが新しくなったので

今年はその連携がうまくいくように、頑張りたいです。

ツイッターも、フォロワーが4000人になりました。ありがとうございます!

今年は1万人目指して頑張ります。

 

 

最近、チラシを新しく作りました。

今、若葉駅周辺で少しずつポスティングをしています!

2枚目には、新しいサイトのQRコードを張り付けました。

ぜひ、スマートフォンでチェックしてみてくださいね!

 

これからも 皆様に感謝される葬儀社を目指したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

お客様の声を大事に・・・

今年も、沢山の方のお見送りのお手伝いをさせていただきました。

おひとり、おひとりを大事に 「三愛さんでやって本当によかった」と言っていただけるように社員一同頑張ってまいりました。

葬儀にかかわるスタッフとして

1、担当のコーディネーター

2、補佐 (件 司会)

3、葬儀スタッフ(通夜、告別式のお手伝い)

4、私(ハートホール若葉での葬儀)は、生演奏担当

そのほか、お料理の仕出しやさんや、お花やさん、そして

忘れてならないのが、宗教家さんです。

先日は、家族で旅行の趣味だった方のお葬儀をお手伝い致しました。担当のコーディネーターの提案で 旅行のときの思い出のお写真などを 沢山ホールに「思い出のコーナー」として展示しました。沢山のご親戚、友人が参列され皆様がその写真や思い出の品々を見ながら思い出話に浸っておられました。喪主様が、「本当にやってよかった・・」とつぶやいておられました。

私も、故人様が生前大好きだった音楽を沢山演奏しました。

 

いくらかかるのか、心配・・・

お葬式の料金は、わかりずらいのが難点です。

最近、安さと解りやすさでご案内しているサイトも多いと思いますが、流動性のある以下の点に注意です。

1、宗教家へのお礼 (お布施、戒名など)

2.お料理代金 (参列者の数によって変わってきます)

3、返礼品 (これも、参列者の数により変わります)

葬儀支援ネットというサイトで、流動性のある上の3つを除く純粋に葬儀代金のみの平均が、
126万ほどになっています。三愛メモリアルで一番多いプランですと、お得な会員価格でなくとも
その半額でのお葬儀が可能です。

さらに三愛メモリアルは自社プランなので このプランだけど、「白い骨壺はいやなので骨壺だけ
自分で好きなものを選びたい」「液晶モニター遺影を使いたい」などで相談に乗ることができます。
ハートホール若葉でのご葬儀の場合はサービスで得点もございますので結果、お得なプランになり
ますので是非、ご相談ください。見積り、無料相談は随時承っております。

 

一番多いパターンが、何も見積りをとっていなくて病院の紹介で決めてしまって4人参列の葬儀で
200万かかった。三愛さんにたのめばよかった。。。と、本店に来るお客様からよく言われます。
どうぞ、前もってお見積りをとってみてくださいね。若葉駅のハートホール若葉か、関越病院前の
三愛メモリアル本店、東京の清瀬店にお気軽にご連絡ください。

 

今日は、だいぶ寒さが身に応えます。夜はゆっくりお風呂に入って 体をリラックスさせて新年を
お迎えください。今年、お手伝いさせていただきましたご家族様も、大事な方をお見送りされて
師走の忙しさも重なり疲れも出やすいかと思いますが、無理をせずお過ごしくださいね。

 

鶴ヶ島ロータリークラブで

歌声喫茶を行いました。弊社社長の鴨下が参加している例会で

皆さんと一緒にクリスマスの歌や、唱歌、演歌、フォークソングなど一緒に歌いました。

プログラムは

★A 歌声喫茶について

自己紹介

発声練習

★B  <歌声定番曲>

たきび    雪やこんこ    青い山脈   高原列車は行く     高校三年生

★C   <演歌>

北国の春    襟裳岬    酒よ

★D  <クリスマスソング>

見上げてごらん夜の星を   赤鼻のトナカイ  きよしこの夜   お正月

こんな感じで用意していきました。

途中から、歌声リーダーとして歌の得意な方にマイクで歌っていただいたり 鴨下のギターも加わりました。

 

ただ、歌うのではなくて 歌詞の意味を考えて気持ちを入れると単調になりがちな唱歌も音楽的に歌えます。たとえば、「たきび」は3番まであるのですが、たき火のある位置から自分の位置が移動していく3か所からの歌、と考えます。

1番は、まだたき火が遠くにある。あたろうかどうか、迷っている

2番は、たき火がいよいよ近くに来て わくわくする

3番は、迷った挙句 やっぱり帰ろうか。。。と寂しい心持

このような心の移り変わりを歌うときに気持ちに込めましょう。それだけで、平坦なメロディーも全く違ったものになりますね。私は、2番と3番の間に 寂しそうな間奏を入れてテンポも少し落とします。声も、ピアノにして歌います。

見上げてごらん夜の星を は、よくお葬儀でも弾く曲です。

大切な人が、きっと空を見上げると私を見ていてくれている・・・そんな気持ちを込めて弾いています。

皆さんも、歌詞の意味と状況を考えてメロディーに乗せてみてくださいね。

 

美しい会長さんと。

 

施設のクリスマス会

日頃から、地域のボランティア活動とし 夏祭りや春のコンサートの他に

施設など入所の皆様に楽しんでいただきたいと、

出張歌声喫茶のご依頼がありますと

飛んで行って 輪に参加させていただいています。

今月は2つの施設の皆様とクリスマス会に参加して、とても楽しかったです。

施設のスタッフの方の、創意工夫。特に椅子に音階のなるクッションを並べてそこにスタッフさんが座ることによって 音楽が鳴ったり(これは腹筋がかなりいりますね!)

私は ホワイトクリスマス、くるみ割り人形の行進曲、グノーのアヴェマリア、星に願いを を演奏しました♪

入所の大先輩方も、とっても美しい声で歌われるので

聴いている私も惚れ惚れしてしまいます。廊下に飾ってある書道の作品も

とても上手でした。こんな歳の取り方をしたいです。とても素敵な皆様なんです。

☆☆☆☆☆☆☆

 

デイサービスの施設では、スタッフのみなさんと一緒に

サンタクロースになって、一緒に讃美歌や、クリスマスの歌を歌いました。

なかなか、おちゃめな 声の素敵な先生と。

 

<京都 魔界ツアーその2>

宮川筋は、御茶屋さんが多くあるところで町屋の雰囲気があるとても素敵な界隈です。そこに

六道珍皇寺という、「あの世とこの世の行き来ができる」と言われている井戸があるお寺があります。

(これはまた後日書きますね)

その近くに、みなとや幽霊子育飴本舗

という飴屋さんがあります。

ここに、お土産用の飴を買いに行きました。

お店の女主人さんからいろいろとお話を伺いました。(しょうが湯用の飴もいただいてしまいました!ありがとうございました!)

 

飴屋さんとしては日本一、古いそうで一度火事になってから、前の記述がなくなってしまったのですが、

700年前から、そして記述があってからは500年前からあるという大変由緒ある飴やさんだそうです。

とても素朴なやさしいお味です^^

漫画家の水木しげるさんが、この飴が大好きで

いつも50個ほど注文するそうです。なんだか、わかるような気がします。京都に行かれた際は、六道珍皇寺の近くのこのお店に行ってみてくださいね。

 

今日は風が強いですね。東武東上線の線路に布団が飛んできたとツイッターに

たくさんあがっていたのですが、本当に布団がふっとぶくらいの強風です。

皆様も、どうぞ道を歩くときには気を付けてくださいね。

 

京都に行ってきたときの続編です。

先日は、東本願寺でのことを書きましたが、今日は京都人でもあまり知られていない

名所のご案内です。

今日はだいぶ温かいですね。朝は霧がすごかったです。11月に雪も降りましたし、

地球温暖化で気候も例年とは同じではないようですね。重ね着で調節をして風邪予防を

していってくださいね。

さて、お葬儀に参列した場合 宗教宗派が違うので

仏教の場合も 宗派によって作法が違います。

大体、葬儀会社の担当が喪主様と作法については確認し合います。

そして、一番初めに喪主様からのご焼香になるので

参列者はそれに倣うのが一般的ですね。

先日、高野山に行ったときには ほとんどの方がヨーロッパから来ていて

作法の説明も見本もなかったので 全員めちゃくちゃなお焼香でした。

 

 

私の家は、浄土真宗大谷派なのですが

先日、東本願寺に納骨してあるのでお墓詣りに行きました。お経をあげていただくのですが、

そのつど大谷派の作法について丁寧に説明を受けます。(たぶん、毎年忘れちゃう人が多いのかもしれません)

その時に教わった大谷派の作法は

①座った時に、手を合わせず まず左手を机の上に添えます。

②2回、お焼香をします。そのときに、額にもっていくなどはせずに

自然な流れで香炉に持っていくだけです。

③最後に手を合わせます。数珠は両手がはいるように持ちます。

 

葬儀の参列の時は、仏教の場合宗派についてわからないことが多いので

お焼香をしている前の人に倣うことが多いですね。

 

header-logo

 

前回は、高野山旅行記~奥ノ院~ 精進料理などについて書きましたが

今日は紅葉の話題を・・・

PAGE TOP