タグ「 ボランティア 」の記事

3件の投稿

悩みを相談したい

先日、テレビで宗教者による「心の相談室」の取り組みについて報道されていました。

特に、震災の時に大事な人を失った方へのケア。病気で闘病されている方、高齢で寝たきりの方など。
自宅での闘病生活の場合は、ご家族へのケアも必要になってきます。

そのテレビで、お坊さんが言われた言葉にじーんときました。

「宗教は、何かを信じることではない。 その人はどう生きるかを考えること」

 

日本は今、戦時中ではありませんが地震大国でもあるので絶えず自然災害が起こります。
また、病気や死に関しては 人を選ばず平等にやってきます。
小さな事でも悩む事もあり、近頃では過労による自殺も問題になっています。
そんな、悩みに対して立ち上がって下さる人がいるのは嬉しい事ですね。

<震災5年10カ月>孤独訴え 苦悩深まる  宮城ニュースより

 

 

うなぎの寝床さんからのお借り物です

頑張っている日本の職人さん

仏壇プラザでは、主に老舗の日本香堂さんなどのお線香が沢山あります。

一番好きなのは、宇野千代というとっても香りのいいお線香です。

ぜひ、香りを嗅ぎに来てくださいね!サンプルもお渡しできますので。

 

そんなわけで、お線香にもっぱら興味のある昨今で

最近、手作りで、しかも夫婦2人で頑張っている馬場さんのことを知りました。
馬場さん夫婦は材料の杉の木を集めて、それを自分で水車のうす?みたいなもので曳いてさらについて、
細かくして蒸して干して手で成形してという、、全過程手作りのすごい方でした。

この地域は、沢山の手作り線香の作業所が昔は沢山あったのですが、グローバル化で安い材料が沢山外国から
}入ってくるようになって馬場さんのところ以外、全部仕事を辞めたそうです。馬場さん夫婦だけは
「この仕事を失いたくない。」と2人で頑張ったそうです。先の台風で全部水浸しになってもう先が見えないというときに、
その昔の同業者の人たちなどが沢山手伝ってくれて、作業所が復活して仕事ができるようになったとのこと・・・

本当に素晴らしいですね!ひと箱500円くらいだそうです。

とても大変な作業なのに・・・一度伺ってみたい・・・と思わせるほどでした。

 

施設のクリスマス会

日頃から、地域のボランティア活動とし 夏祭りや春のコンサートの他に

施設など入所の皆様に楽しんでいただきたいと、

出張歌声喫茶のご依頼がありますと

飛んで行って 輪に参加させていただいています。

今月は2つの施設の皆様とクリスマス会に参加して、とても楽しかったです。

施設のスタッフの方の、創意工夫。特に椅子に音階のなるクッションを並べてそこにスタッフさんが座ることによって 音楽が鳴ったり(これは腹筋がかなりいりますね!)

私は ホワイトクリスマス、くるみ割り人形の行進曲、グノーのアヴェマリア、星に願いを を演奏しました♪

入所の大先輩方も、とっても美しい声で歌われるので

聴いている私も惚れ惚れしてしまいます。廊下に飾ってある書道の作品も

とても上手でした。こんな歳の取り方をしたいです。とても素敵な皆様なんです。

☆☆☆☆☆☆☆

 

デイサービスの施設では、スタッフのみなさんと一緒に

サンタクロースになって、一緒に讃美歌や、クリスマスの歌を歌いました。

なかなか、おちゃめな 声の素敵な先生と。

 

PAGE TOP