タグ「 家族葬 」の記事

5件の投稿

琴で送る

琴が大好きだった母へ・・・
ハートホール若葉でピアノの奏楽をお願いしている吉葉さんは、琴でも大活躍をしている奏者さんです。

先日、お琴で送りたい・・・という希望があり、吉葉さんの琴で
最後のお別れをされたご家族がいらっしゃいました。
心のこもった演奏だったと、大変感謝されていたそうです。

昨年の春のコンサートでも、フルートと一緒に素敵な演奏を聴かせていただきました。
また、お琴の演奏をお届けできればと思います。

 

ショパン

普段はピアノの生演奏が多いですが、ピアノといえば・・・
やっぱり好きな人は ショパン なのではないでしょうか。

ピアノの詩人 ショパン

主に、自身がピアニストでピアノの曲をメインに作曲した人でした。オーケストラを使ったのは

ピアノ協奏曲第1番と、第2番

その2楽章の美しさは圧倒的です。最近もリクエストをいただきました。私もよく葬儀のBGMで弾く曲です。のだめカンタービレという漫画の中で、ピアニストを目指す野田恵がシュトレーゼマン(指揮者)と一緒にデビューした曲でもあり、ショパンコンクールでは決勝で弾く曲。まさにピアニストが誰でも一度は弾いてみたい曲です。

 

 

最近では、2番の2楽章をCMで流していますね。2番も素敵です。

 

 

お葬儀のプラン「役所手続代行って?」

お葬儀は、葬儀社1社だけで葬儀はできません。まず、ご遺族様、宗教者、火葬場、式場、
ここは日にちを決めるうえで、それぞれの日程があわなくてはいけません。

たとえば、火葬場を先に予約して そのあと式場に連絡してもその日が満杯である場合もあります。
お寺の住職様の日程が合わないこともあります。これを、一致させることが葬儀社の担当の
大事な仕事になります。

「役所手続代行」・・・死亡診断書、死亡届、火葬許可書、埋葬許可書など沢山の書類がしかるべき時に、然るべく所で
必要になってきます。死亡診断書は死亡保険など保険金請求時にも必要になり、うっかりコピーを取り忘れた場合
再請求ができない書類のため、お金が下りないなどのトラブルも発生しやすくなります。

役所手続は役所に行くだけではなく、そのもらってきた書類をどう利用するか、
保存するか、など葬儀のプロでなくてはなかなか難しいところもあります。

ここのところはできるから、自分で・・・と思われるかもしれませんが、
どんな仕事でもそうですが、手続と書類の必要な時と場所を知っている担当に
お任せいただいたほうがよいかと思います。

葬儀の費用が心配。。。少しでも安く。。。と思われる場合は
あらかじめ、見積りをとっておくと安心ですね。
信頼できる葬儀社を前もって探して下さいね。

私達、葬儀のプロにお任せください!!

当社HPのQ&Aより

質問 葬儀の日程はどの様に決めるのですか?
回答 葬儀には様々な関係先が影響して参ります。
まずは火葬場の予約、式場の予約、宗教者(寺院など)の都合と調整が一般的な対象です。
あるいは「友引」にあたる日は多くの火葬場がお休みですので、必然的に葬儀を行うことが出来ません。(従って希望する日が「友引」にあたりますと、一日先にずれます。)また、予約調整ばかりでなく、会社関係等を含めての関係先への充分な連絡、遠方からお越し頂く親戚の方々と様々な配慮が必要となります。
私ども、葬儀担当者は一つずつ、適切なアドバイスをさせて頂き、無理のない理想の日程調整を心がけております。

 

家族葬 音楽葬 お別れ会など お葬儀のことなら

 

悩みを相談したい

先日、テレビで宗教者による「心の相談室」の取り組みについて報道されていました。

特に、震災の時に大事な人を失った方へのケア。病気で闘病されている方、高齢で寝たきりの方など。
自宅での闘病生活の場合は、ご家族へのケアも必要になってきます。

そのテレビで、お坊さんが言われた言葉にじーんときました。

「宗教は、何かを信じることではない。 その人はどう生きるかを考えること」

 

日本は今、戦時中ではありませんが地震大国でもあるので絶えず自然災害が起こります。
また、病気や死に関しては 人を選ばず平等にやってきます。
小さな事でも悩む事もあり、近頃では過労による自殺も問題になっています。
そんな、悩みに対して立ち上がって下さる人がいるのは嬉しい事ですね。

<震災5年10カ月>孤独訴え 苦悩深まる  宮城ニュースより

 

 

病院から遺族のご家族からのお電話をいただく時

仕事柄、今は病院から電話を受けることが多いですが、私の父が亡くなった時は
まだ 葬儀の仕事をしていない時だったので不安ながらも私が葬儀社に電話しました。

父が亡くなる前に、もうあと何日。。。と宣告されていたので
弟の知り合いの葬儀社、ということだけで決めてしまいました。
病院で、葬儀社を紹介されたのは覚えていません。おそらく、「葬儀社は決まっていますか?

搬送する人は決まっていますか?」と病院で聞かれて、電話をしたのかもしれません。(本当に覚えてないんですよね。かなり混乱していたのかと
思います。)

空室があっても、早くに霊安室に移動しました。エレベーターで専用の通路に
向って霊安室に行き、電話をしたと思います。(本当に覚えてないんです!!)

かなり、私は混乱していたんですね。あらかじめ、葬儀社を決めていたのに
すっぽりその時の記憶がありません。家族が亡くなるというのは 余裕が全然なくなってしまうのですね。時間の感覚さえ無くなってしまう。

そんな時に、決めてなかった場合に病院の紹介で葬儀社を決めてしまうケースが多いと思います。その場合、私たちに選択肢がなくなります。余裕がない場合、何をプランで選んだかも意識できないかもしれません。

葬儀社は前もって目星をつけておきましょう!

葬儀社に電話するときには、

  • 亡くなった方のお名前。貴方のお名前。
    連絡のつく電話番号
  • お迎えに行く場所(亡くなった方のいる場所)

は最低限いる情報です。あとは、病院なら何時までに、と言われることも
ありますので、お迎えに行く時間ですね。

後は、心を落ち着けて ゆっくりと葬儀コーディネーターとお話し下さい。
葬儀が終わった後も、雑務が多いです。亡くなった方とのお別れは、
葬儀中にゆっくりできます。限られた時間ですが、葬儀の場は違う時間の流れの
あるような そんな場を提供できればと思います。

 

WordPressでのこれが最初の投稿になります。グーグルブロガーの方はバックアップとして取っておこうと思います。まだ、HPの方にもリンクされていないので
ワードプレスの使い方をマスターしつつ、試行錯誤で書いてみたいと思います。

三愛メモリアルは、埼玉・東京エリアでのご葬儀をお手伝いしております。

HPはこちらです↓

logo_b

グーグルブログから、投稿をインポートしたのですが、どうやら修正が必要みたいです。。。

グーグルブログはこちら↓

http://sanaimemoriaru.blogspot.com/

 

 

 

PAGE TOP